Home » Offshore » ~日本語を使って働くベトナム人に贈る~ IT関連用語をまとめてみた(ベータ版)

~日本語を使って働くベトナム人に贈る~ IT関連用語をまとめてみた(ベータ版)

IMG_3424

 

今回は、日本語で仕事をするベトナム人向けに記事を書いてみました。ということで、この記事も日本語で書きます。決して、英語で書くのが面倒になったわけではありません。

最近、たまたまIT用語をまとめていたので、もういっその事ブログに公開しようということです。ざっと洗いだしただけなんで、まだまだ足りない部分はあるかとは思いますが、何かの参考になればと。

書いているうちに記事の内容が無駄にボリューミーになってきたので、興味がなければ一気に一番下までスクロールして下さい。

この写真は・・・なんでしょうねw 自分で撮ったんですが、忘れました。こういう電線の入り乱れ具合が結構好きだったりします。



まず、背景からざっと僕の所感を書いておこうと思います。あくまでも個人的所感なので、弊社の正式な見解でも、科学的な実証に基づいた見解でもありませんのでご注意下さい。

 

 

開発現場における通訳・翻訳の問題点

外国人と通訳を介して開発業務をやったことがある人であれば誰しもが経験する「技術的な内容であればあるほど伝わらない」状況ですが、それは下記のような事情により「まあ、そりゃそうなるわ」と、ある程度の理解がされている部分であったりもしています。
  • 技術者サイド ・・・ 技術的な内容を詳細に伝えたい
  • 通訳サイド ・・・ もともとITの勉強してきたわけじゃないし、専門的なことを言われてもわからない
 

日本人同士のコミュニケーションでも、IT系の開発に関わったことない人に「プルリク(プルリとどっちが一般的かは置いておいて)してGithubでコードレビュー」なんて言っても「は?」と言われるのと同じです。

そもそもIT用語はアルファベット(というか英語)が大半だったりするので、じゃあ英語で伝えちゃったらいいじゃん、となりがちなのですが、とは言え、日本人もベトナム人もお互い英語のネイティブではなく、むしろ苦手な部類に入ると思うので、お互い悶々とするわけです。

通訳と言われる人たちがIT専門家でないことは誰もが認識していることなので、「教育だ!」という話になるのですが、それに関しては後述しようと思います。

 

 

通訳か、BSEか論争

じゃあ、日本語がわかる技術者だ!BSEか!とはなりません。そもそも土俵が違います。求められる役割が違います。

開発現場でコミュニケーションというものは無くてはならないものですが、その必要性の割にBSEと呼ばれる技術者の数は圧倒的に少ないので、ベトナム人と日本人のコミュニケーションの問題解決のためにBSEに頼っていては、彼/彼女たちに負荷が集中し、インフラ的にいえばシングルポイントになりがちで、とても効率的と言えるものではなりません。

僕の考えでは、BSEの役割はあくまでも「発注者である日本側の意図を汲みながら、システム/ビジネスの両面から、日本側が作って欲しいと思っているものと、ベトナム側の開発チームがつくろうと思っているものを限りなく一致させる」ことであるべきで、コミュニケーションも当然その手段の一つではありますが、一つ一つのコミュニケーションを必ずしもBSE自身がやる必要はないと思っています。

 

 

共通言語は日本語か、英語か論争

次に、共通言語として何を使うかという点なのですが、一番理想なのは全ての業務を英語でやってしまうことです。その理由は下記です。
  • 日本人もベトナム人も一般的にそれなりの英語教育を受けており、基礎的な英語力は殆どの人がもっている
  • IT関連用語がそもそも英語に由来しているものが多く、技術的な会話との親和性が高い
  • 日本・ベトナム以外の国でも使える
 

ただし、下記の事情により、共通言語を全ての英語にすることは余程の決断をしない限り難しいというのが実情だと思います。
  • 「基礎的な英語力」では満足な会話が出来ない
  • お互いにネイティブではないので、大体は伝わるが、細かいところまで伝えきれない
  • 日本人もベトナム人も訛りが強く、且つ、癖が真逆(ベトナム語は語尾が消える、日本語は語尾まではっきりと発音する)のため、単語レベルで聞き取れないことがしばしばある
 

また、現地法人では開発関連のコミュニケーションの他に、人事/経理/法務関連の業務に関してもベトナム人スタッフ、あるいは外部企業とコミュニケーションを取る必要があり、それらすべてを英語でとなると、それこそ「自分は専門じゃないのでわからない」という状況に陥りかねないという面もあります。

ということで、結局はケースバイケースになると思います。弊社では下記のようになっています。
  • 海を越えた会話 → ChatworkSkypeでBSEを介して日本語
  • 現地での会話 → 英語
  • 基本設計書 → 英語
  • 詳細設計書 → ベトナム語を日本語に翻訳
  • テストケース → 英語
  • 開発業務以外 → すべて通訳を介して日本語
 

 

通訳に対する日本語教育

やっと本題に入りかけているのですが、先ほど述べたように通訳はITの専門家ではないにせよ、開発の現場で働く以上、ITに詳しくなってもらう必要があります。で、どうしようかなぁとここ数週間考えていたのですが、結論として「教育」まではする必要なくない!?というものです。

前提として、ベトナムで通訳業務を出来る人達は一般的に日本語能力試験のN2以上の資格を持っています。

日本語の文法も理解していますし、日常会話は問題ない程度の語彙力はありますし、日本語のネイティブが普通の早さで話しても問題ない程度の聞き取り能力もありますし、発音も問題無いです。

ではなぜ開発業務関連の内容が伝わりづらいのか?

専門用語がわからないからです。知らない単語が多いだけです。したがって、知らない単語を知ることができれば、コミュニケーションはよりスムーズになるはずです!

※未検証です。

※あくまでも上記問題点に対して「教育」レベルのものを施す必要がないのではないかという話であり、教育そのものが企業にとって重要な課題であることは言うまでもありません。

 

いままで知らなかったIT関連用語を知るために

単語の勉強の仕方は色々あると思うのですが、とりあえず、下記条件が満たされればいいかなということで、Google Driveのスプレッドシートに用語集を作ることにしました。
  • 必要十分な用語が列挙されていること
  • 業務時間中はいつでもアクセスできること
  • 知りたい単語を検索できること
  • 関係者が追加、編集を簡単にできること
 

IT関連用語リスト(ベータ版)

「ベータ版」と言い訳がましく書いたのは、リストのメンテナンスは僕だけでなく、通訳やBSEと一緒にやっていきたいなぁという僕の願いが込められていますw

下記に、現時点で弊社内のスプレッドシートにまとめた用語を公開します。

※説明がかなり雑なので、決して技術者向けてはありません。



カテゴリ

単語

読み方

英訳

通訳向け説明

インフラ インフラ infrastructure
インフラ 冗長化 じょうちょうか redundancy システムを構成するサーバやネットワーク機器は必ず故障する。故障してもサービスは止まらないように、これらの機器に「余裕」を持たせておく仕組み。
インフラ 冗長構成 じょうちょうこうせい redundant structure 上記「冗長化」を施したシステム構成
インフラ 監視 かんし monitoring システムリリース後に、システムが正常に動作していることをチェックし続け、万が一以上が発生した場合は技術者に知らせる仕組み。
インフラ AWS えー だぶりゅー えす 訳す必要はありません。そのままでいいです。Amazonが提供するクラウドサービスの名前です。
インフラ EC2 いー しー つー 訳す必要はありません。そのままでいいです。
その他 検証 けんしょう verification
その他 利用規約 りようきやく terms of service
その他 改行 line feed
その他 文字コード character code 文字や記号をコンピュータ上で処理するために割り当てられている数字、あるいはその規格。文字をコンピュータ上で処理される規格は一つだけじゃありませんよ、位に覚えていて下さい。
その他 HTML えいち てぃー えむ える 訳す必要はありません。そのままでいいです。
ただし、ハーテーマーラーと発音しても通じません。
その他 HTTP えいち てぃー てぃー ぴー 訳す必要はありません。そのままでいいです。
ただし、ハーテーテーペーと発音しても通じません。
その他 SSH えす えす えいち 訳す必要はありません。そのままでいいです。
その他 SSL えす えす える 訳す必要はありません。そのままでいいです。
その他 非同期通信 ひどうきつうしん asynchronous communication 画面上でユーザが何らかのアクション(ボタンクリックとかリンクをクリックとか)に同期して、一部の表示のみが更新される仕組み。インターネットで表示に時間がかかる際、画面上にクルクルが表示される、あれだと思っておけばほぼ間違いない。
ソフトウェア 制御構文 せいぎょこうぶん control syntax プログラムの文法。プログラムも「言語」なので、当然、文法もあります。
ソフトウェア 演算子 えんざんし operator プログラム上に記述される記号。=とか<とか+とか。
ソフトウェア バグ修正 bug fixing
ソフトウェア フレームワーク ふれーむわーく データベースへのアクセスなど、プログラムを書く上でよく実装する機能を既存の機能としてあらかじめもっている、土台となるプログラム。これを使用することで、開発チームはシステムの機能そのものの実装に集中することができる。
様々なプログラミング言語で、様々なフレームワークが公開されている。
ソフトウェア PHP ぴー えいち ぴー 訳す必要はありません。そのままでいいです。プログラム言語の名前です。ぺーはーぺーと発音しても日本人には通じません。
ソフトウェア Ruby るびー 訳す必要はありません。そのままでいいです。プログラム言語の名前です。
ソフトウェア C しー 訳す必要はありません。そのままでいいです。プログラム言語の名前です。
ソフトウェア C++ しー ぷらすぷらす / しー ぷらぷら 訳す必要はありません。そのままでいいです。プログラム言語の名前です。シーコンコンと発音しても、慣れている日本人には通じます。
ソフトウェア Linux りなっくす 訳す必要はありません。そのままでいいです。OSの名前です。ただし、日本人には「りなっくす」と発音しないと通じません。
ソフトウェア Pascal ぱすかる 訳す必要はありません。そのままでいいです。プログラム言語の名前です。
ソフトウェア Java じゃば 訳す必要はありません。そのままでいいです。プログラム言語の名前です。
ソフトウェア CentOS せんとおーえす 訳す必要はありません。そのままでいいです。OSの名前です。
ソフトウェア Android あんどろいど 訳す必要はありません。そのままでいいです。OSの名前です。
ソフトウェア iOS あいおーえす 訳す必要はありません。そのままでいいです。OSの名前です。
ソフトウェア cakePHP けーく ぴー えいち ぴー 訳す必要はありません。そのままでいいです。PHPのフレームワークの一種です。
ソフトウェア Zend framework ぜんど ふれーむわーく 訳す必要はありません。そのままでいいです。PHPのフレームワークの一種です。
ソフトウェア Symphony しんふぉにー 訳す必要はありません。そのままでいいです。PHPのフレームワークの一種です。
ソフトウェア CodeIgniter こーどいぐないたー 訳す必要はありません。そのままでいいです。PHPのフレームワークの一種です。
ソフトウェア Ruby on Rails るびー おん れいるず 訳す必要はありません。そのままでいいです。Rubyのフレームワークの一種です。よく、「Rails」と省略したりします。
ソフトウェア PHPUnit ぴー えいち ぴー ゆにっと 訳す必要はありません。そのままでいいです。PHPで単体テストを行い易くするためのツールです。
ソフトウェア RSpec あーる すぺっく 訳す必要はありません。そのままでいいです。Rubyで単体テストを行い易くするためのツールです。
開発プロセス 調査 research
開発プロセス 運用フロー operation flow
開発プロセス 要件定義 ようけんていぎ requirement definition
開発プロセス システム設計 system design
開発プロセス 基本設計 basic design
開発プロセス 機能一覧 function list
開発プロセス 画面一覧 screen list
開発プロセス ユースケース図 usecase これから開発するシステムをユーザが実際に使用するのかを図式化したもの
開発プロセス 共通設計 common design
開発プロセス 画面標準 screen regulations
開発プロセス コーディング規約 coding conventions ある1つの機能を実現するプログラムの書き方は1通りとは限らない。むしろたくさんある。プログラマによって好きな書き方で書かせると、他の人が全く理解できないプログラムが大量に生産されることになる。この状況を避けるために、システム開発を開始する前に、書き方のルールを設ける。それがコーディング規約。
開発プロセス 内部設計 internal design
開発プロセス 外部設計 external design
開発プロセス 詳細設計書 しょうさいせっけいしょ Detailed design document
開発プロセス 機能定義書 きのうせっけいしょ functional definition
開発プロセス テーブル定義書 table definition データベースを構成する「テーブル」がどういう構造をしているかを説明する資料
開発プロセス 画面イメージ screen image アプリケーションのインターフェイス上にどういうものが配置され、それらがどういうアクションを起こすのかを記載するドキュメント。ここにボタンがあって、それを押すと○○の画面に遷移して・・・ということが、図と文字で説明される。
開発プロセス 画面フロー screen transition diagram 画面の遷移を図式化したもの。これをみれば、どの画面からどの画面に遷移できるのかがわかる。
開発プロセス 入力項目定義 entry format definition
開発プロセス 実装 coding
開発プロセス 単体テスト unit test プログラムの関数単位で正しい動作をするかどうかを確認するためのテスト。
開発プロセス 結合テスト joined test システム開発は一般的に小さい機能に分割して開発を進める。その各機能を結合した時に正しく動作するかどうかを確認するためのテスト。
開発プロセス 運用テスト operation test
開発プロセス 受け入れテスト acceptance test
開発プロセス 運用 operation
開発プロセス 工数 man-hour / man-month システム開発にどれくらいの時間と人が必要かを表す指標。開発するシステムの規模を数値化したもの。
開発環境 Net Beans ねっとびーんず 訳す必要はありません。そのままでいいです。プログラムを書くためのツールです。
開発環境 Eclipse えくりぷす 訳す必要はありません。そのままでいいです。プログラムを書くためのツールです。
開発環境 SVN えす ぶい えぬ 訳す必要はありません。そのままでいいです。ソースコードバージョンを管理するためのツールの名前です。
開発環境 Subversion さぶばーじょん 訳す必要はありません。そのままでいいです。ソースコードバージョンを管理するためのツールの名前です。SVNと同じです。
開発環境 git ぎっと 訳す必要はありません。そのままでいいです。ソースコードバージョンを管理するためのツールの名前です。
開発環境 Github ぎっとはぶ 訳す必要はありません。そのままでいいです。ソースコードレビューに使用します。
開発環境 Redmine れっどまいん 訳す必要はありません。そのままでいいです。開発メンバーのタスクやバグを管理するためのチールの名前です。
開発環境 Jenkins じぇんきんす 訳す必要はありません。そのままでいいです。開発の自動化を助けるためのツールの名前です。
契約 受託開発 entrusted development / outsourcing
契約 委託 いたく commission
契約 契約書 contract
 

以上です。

間違いなどあれば、コメントやメールでご指摘いただけると幸いです!